光殺菌装置/静岡県静岡市で審美歯科を中心に診療しています。

審美歯科

  • HOME »
  • 審美歯科

どんなに綺麗な歯をいれても、思い切って笑ったり話したりできますか?
審美歯科は、歯科治療のひとつの手段でもあり、最終目標でもあるはずです。
あらゆる手段を用いて、内因性・外因性の原因を除去、治療した結果、心理的・機能的・外観的に満足していただけた結果の総称が審美歯科である筈です。
治療段階の手段としての症例を一部挙げます。

歯間離開


EMax(陶材インレー)

保険診療でインレーといえばパラジウム合金(銀色)のものですが、しっかり作成調整されたものは、10年以上確実に役目を果たします。
しかし、審美性に劣るからという理由でレジン(プラスチック)を選択する患者様が多く見受けられます。
レジンと金属の差は研磨性、適合性、耐吸水性と耐摩耗性において金属が優れ、2次カリエス(むし歯)にもなりにくいが、ただ見た目が・・・ という状態です。
そこで、保険診療外の陶材インレーを希望される患者様も多くなってきています。
陶材インレーは今、鋳型に加圧填入する方法になって適合性が格段に上昇したこと、研磨性、耐吸水性と耐摩耗性、審美性にも優れることが利点となり多く採用されています。

以上のように陶材インレーに限らず陶材で作成されたものはすべて、最終的に私が口の中で試適しステイン付与調整することにより他の天然歯に近似させています。(院内ポーセレン室の2台の器械で最終焼き上げ調整をしています。)

陶材の症例

着色の症例

義歯


 

ホワイトニング

当院では、FAPホワイトニング法を採用しています。
一般的なホワイトニングは、歯の表面(エナメル質)に付着した有機質を分解・除去してエナメル質を凸凹状にします。凸凹を作り、光を乱反射させることで白っぽく見せます。これは、スリガラス(表面がざらざらしたガラス)が白く見えるのと同じ原理です。しかし凸凹状した部分には茶渋などが付着しやすく、色の後戻りが早いのです。

white

それに対してFAPホワイトニングは、一般的なホワイトニング同様、歯の表面を凸凹状にしますが、この凸凹部分をそのままにはせず、その上にFAP(フッ化アパタイト)という強化カルシウムの層を5層ほど重ねて吸着させます。そのため、肉眼ではもちろん顕微鏡で見ても歯の表面は滑らかになり、長期間にわたって歯の白さを保ち続け、後戻りし難いホワイトニング法です。また 、FAPという強化カルシウムの層は歯質を強化するので虫歯予防にもなる画期的な施術方法なのです。

white[1]

詳細は、FAP美白歯科研究会のHP

http://www.fap-whitening.info/whitening/index.html

治療時間

前処置から終了まで上8、下8の16歯で平均1時間15分ほど予定しています。

治療回数

歯の質、色調にもより1週間に1度の間隔で5回~10回となります。

料金(16歯まで)

初回、2回目1回 32,400円
3回目1回 21,600円
少数歯の場合減額1回  10,800円~
一歯のお試し1回 3,240円
 術前術後
症例101before01after
症例202before02after
症例303before03after
症例404before04after

ホームホワイトニング

  • 歯科医師により診査後に家庭内で使用するために医療機器として承認されたホームホワイトニング材を使用します。
  • 当院にて、機械的歯面清掃を十分に行い、型どりをしてカスタムトレーを制作します。
  • 粘性が非常に高いので歯面に滞留しやすく、またトレーから漏れ出ることも少ないですが、使用料は必要最小限にしてください(多ければ早く白くなるものではありません)。​
  • 十分に歯磨きを行い、装着は一日一回に限り最長2 時間を目安に行ってください。

white02

利点

オフィスでは唇面(くちびる側)が中心ですが、ホームは歯面全体を覆うため全体が白くなります。オフィスに比べ、白くなるスピードは遅くなりますが、後戻りは少ないようです。

料金

ホームホワイトニング材2本 + カスタムトレー(上下どちらか一方)… 20000円

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.