光殺菌装置/静岡県静岡市で審美歯科を中心に診療しています。

歯周病 【重度】

  • HOME »
  • 歯周病 【重度】

jyuu_1[1]
歯垢・歯石の沈着が、歯周ポケット深部まで進むことで歯と周りの組織との繋がりが更に弱まります。
支える部分を失った歯は、大きくグラグラ動き始めます。
不自然な方向へ動く事で、より歯肉の炎症が広がり痛みとなって表れます。
放っておくと自然に抜けてしまう事もある状態です。
歯周病は、むし歯とは異なり【歯1本ずつ】進行するのではありません。
歯肉・骨は繋がっているので、1本の歯に重度の症状が表れた場合は他の歯にも影響がでていないか?確認する必要がでてきます。

重度歯周炎の治し方

痛みなどの症状の軽減を最優先します。
その後、骨の状態・ポケットの状態を1本ずつ精密に検査確認します。
また隣同士の歯・咬み合う歯との影響・関係を再確認したうえで治療計画を立てます。
外科手術・固定などをして可能な限り保存を図りますが無理に残す事で他の組織に影響がでると判断された場合は残念ながら、抜歯を考えざるを得ません。

重度だと気付いたら何をすればいいの?

『もうダメだ』と考える方が多いようですが今ならまだ助かる歯があるかもしれません。
個人個人によって、お口の中の状態が違うのです。
抜歯が必要な歯がでてきてしまったら【残っている歯や周りの組織を今後どのように守っていくか】が 大切になってきます。

『咬みにくい』 『はれて痛い』などの悩みや症状を早く解決するためにも気付いた時点で ご相談ください。

また歯ブラシが届きにくい部分も大変多くなってきます。
お口の健康を保ち、進行を抑えるためにも正しい清掃方法を覚えていきましょう。
自己判断せず、歯科で相談することを心掛けて下さい。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.