光殺菌装置/静岡県静岡市で審美歯科を中心に診療しています。

院内設備

  • HOME »
  • 院内設備

院内設備

歯科用CT
(アーム型X線CT診断装置)

060

歯科用CTとは、歯科医療に特化した断層写真を得ることができる装置です。
CT撮影されたデータは3D化され、診断システムによって、骨の中の神経、血管の走行、骨の中の病気の広がり、顎の骨の高さや厚みなど、あらゆる角度から診断できるようになり。また3D映像にて見ることで、患者様も自分の状態を理解しやすくなっています、
インプラントにおいてはインプラントを埋入する部位の骨の状態(質や厚み、高さ、形態など)が十分な状態であるか、3D映像にて的確に判断することができ、患者様にも十分ご理解いただくことが可能です。
歯科用CTでの撮影画像をもとに、的確な治療計画を立てることは、安心な治療への基本と考えています。

消毒コーナー

ミーレジェットウォッシャー
mi_re

使用したすべての耐熱性器具のたんぱく質の汚れをしっかり洗浄し、感染のリスクを大幅に軽減して滅菌工程(リサ又はSTATIM)へ

リーサ
re_sa

小型滅菌器のヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスBオートクレーブを使用して真空と蒸気の注入を交互に繰り返すことにより、チューブ状の内部や多孔体内部の残留空気を抜き、蒸気を細部の奥まで行き渡らせるようにして完全滅菌をしています。

クアトロケアー
kuatoro

付着した切削粉や唾液、血液などをしっかり除去してから使用した回転装置の内部を洗浄しながら注油して滅菌工程(リサ又はSTATIM)へ

STATIM
STATIM

小型蒸気滅菌器既定の欧州基準EN13060で定められている「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」に準拠している高性能な小型高圧蒸気滅菌器です、この器械により患者様を待たせることなく常に滅菌された器具を使用しています。

HOLL HOPE
HOLLHOPE

約25~30℃の常温・常圧で殺菌を行うため、オートクレーブを使用できない様々な器具・器材にも使用できます。当院ではこれによりほとんどの診療器具、材料を殺菌状態で使用しています。

紫外線消毒保管庫
shigaisen
滅菌処理の終了したものを保管します。

その他

暗視野顕微鏡
anshiya

口腔内に生息するらせん状のスピロヘータは、ヒトにおいては歯周疾患の原因菌の一種と考えられ進行した歯周ポケットにおいては細菌叢の数10%を占める割合で存在すると言われています。そこで我々は、数を減らすことで歯周病治療の目安として利用しています。

オーラルクロマ(口臭測定器)
o_raru

口腔ガス中の主要口臭成分とされる揮発性硫黄化合物(VSC)を3要素ガス(硫化水素・メチルメルカプタン・ジメチルサルファイド)に分離し、その濃度を測定するため、口臭の有無及び口臭低減状態の確認に役立ちます。

  • 硫化水素:舌の汚れ、口腔内の汚れに関係すると言われています。
  • メチルメルカプタン:歯周病、う蝕に関係すると言われています。
  • ジメチルサルファイド:消化器系の内臓のにおいや服用役に関係すると言われています。

歯周病患者の口臭の特徴として、硫化水素に比較してメチルメルカプタンの量が多いようです。

オーミックオゾン発生器
omicozon

オゾンガスを散布して浮遊菌の殺菌(空気殺菌・二次感染防止)や環境空間の脱臭をする装置を使用しています。

オゾン水生成器
ozon

オゾン水は次亜塩素酸水(次亜)と同等の殺菌力がありながら、オゾンが酸素ガスに変わるため、塩素系薬剤のようにすすぎ洗いが不要で発がん性物質のトリハロメタンも生成しません。第一歯科では治療後の診療室など清掃、払拭に利用しています。

ピエゾサージェリー
pieso

インサートチップの微細な振動により、非常に精密で軟組織の損傷を最小限に抑えた骨の切削を行います。第一歯科では親知らずの抜歯手術、歯周病の手術、インプラント手術などに利用しています。

シロプロ
shiropro
主に、インプラント手術に利用しています
CO2レーザー
co2
ソフトレーザー
フォトサン
(光殺菌装置LAD)

  • 痛みはありません。

  • あらゆる細菌に効果を示します。

  • お薬(抗生物質)を使わないため耐性菌が発生しません。

  • 副作用はなく、 繰り返して治療に利用できます。


スケーリング、TBI指導▶ Fotosan処置を開始▶FotoSan処置により歯肉腫脹、出血の改善を確認
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.