光殺菌装置/静岡県静岡市で審美歯科を中心に診療しています。

医療費控除

  • HOME »
  • 医療費控除

(領収書の保管について)

当院では、治療費について領収書をお渡ししておりますが、処方箋などで薬局にて支払われた領収書も大切に保管しておいてください。又通院費、例えばバスなどの交通機関では、(日付、交通機関名、理由、氏名)をメモしておきましょう。


医療費控除は、その年に支払った医療費、その他を合計した家族全員(生計を一にする配偶者やその他の親族)の1年分の合計について申告できます。その合計は200万円

    (納税義務者一人につき)

が限度となります。

1年分の合計額(家族全員) - 10万円又は所得の5%(いずれか少ない額)= 医療費控除の金額

注:健康保険や生命保険で給付金を受けた時は、控除金額から引かれるものもあります。

医療費が150万円の例

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%(150万−所得の5%)× 0.05= 7万円前後
195万円を超え330万円以下10%(150万円―10万円)×0.1=14万円控除
330万円を超え695万円以下20%(140万円)×0.2=28万円控除
695万円を超え900万円以下23%(140万円)×0.23=32万2千円控除
900万円を超え1,800万円以下33%(140万円)×0.33=46万2千円控除
1,800万円を超え4.000万円以下40%(140万円)×0.40=56万円控除
4,000万円超え45%(140万円)×0.45=64万円控除
(控除により税率が変化する場合)
課税所得金額 1000万円のとき(医療費控除前)
※医療費150万円の場合は140万円が医療費控除の金額
控除額
1000万円-900万円=100万円×0.33=33万円 33万円(900万円以上の税率33%の為)
140万円-100万円= 40万円×0.23= 9万2千円9万2千円(40万円分は900万円以下の税率23%)
合計控除額42万2千円

以上のようになると思いますが、詳しくは税務署にご相談ください。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.