光殺菌装置/静岡県静岡市で審美歯科を中心に診療しています。

口臭について

  • HOME »
  • 口臭について

誰でも1度は 自分や周りの人の口臭 を意識した事があると思います。
口臭の強い方は、それだけでマイナスイメージを受ける事もあり、複数の人が行き交う人間社会では、エチケットの1つとしても是非改善していきたいものです。

口の中の状態が原因で起こる口臭

歯周病・むし歯による口臭・・・

歯周病(歯槽膿漏)や むし歯が進行すると、 硫黄(いおう)のような臭いを発生させます。
病気の部分から出てくる膿の臭いも混ざります。まずは治療を行ってください。

多量の舌苔付着による口臭・・・

舌の上(表面)に付いた汚れを 舌苔(ぜったい)と言います。これは口臭の大きな原因になります。
舌苔が細菌によって分解され、臭いのもととなる臭気成分:揮発性硫化物を発生させます。
舌ブラシ・柔らかい歯ブラシで軽く数回ブラッシングするなど、少しずつ取り除きましょう。

義歯の清掃不足による口臭・・・

義歯(入れ歯)の お手入れを怠って不潔な状態にしておくと、特有の臭いが発生する事があります。
また、不潔な状態のままの義歯を使い続ける事によって、義歯と接触する粘膜が炎症を起こします。
周りの歯・歯肉が むし歯や歯周炎になり、口臭がより強くなる事もあります。
入れ歯洗浄剤の使いすぎは、義歯自体の表面を劣化させる恐れがあります。使用頻度に注意して下さい。
超音波洗浄機など、汚れを分解する機材もありますが、基本は自分の歯と同じ。ブラッシングです。
ヌルヌルしていたら汚れています。全体にツルツル感がでるまでブラシをかけましょう。

唾液分泌の減少による口臭・・・

唾液には、口の中の洗浄作用・抗菌作用・粘膜の保護作用などがあります。
分泌が減ってくると これらの働きが悪くなることによって、口の中が不潔になり口臭が強くなってきます。
唾液は加齢とともに分泌が減ってきます。
また内服薬の種類によっては、副作用として唾液の分泌を抑えてしまうものもあります。
それ以外にも、癖などで口を開いている時間が長い方、1日中ほとんど喋らないなど口の筋肉をあまり使わない方は口が渇いたと感じたらうがいでリフレッシュしたり、舌や唇の筋肉を意識して動かして分泌を促すようにしましょう。

その他

生理的口臭・・・

起床時・空腹時・過労時・緊張時に発生するものです。
生きているのですから、全く口臭のない人はいません。必要以上に気にする事はありませんが水を飲む・うがいをする・歯磨きをするなど清潔な状態にすれば解消できます。

心因的口臭・・・

客観的には全く口臭を感じられないが、臭うのではないか?と1人で悩んでしまう。
生理的口臭は 誰にでもあるものです。気にしすぎない事が大切です。

全身疾患からくる口臭・・・

鼻咽喉疾患・消化器疾患の場合、口臭が発生する場合があります。体調のチェックを行って専門医師に相談して下さい。

食物・喫煙からくる口臭・・・

ニンニク・ネギ・ニラなど香りの強い物は食後~消化される過程で口臭を発生させます。
喫煙・嗜好については、個人個人の好みがありますが、大切な約束の前などは意識して控えた方が無難でしょう。
また喫煙による歯周炎進行(治癒力の低下)で口臭は強力になります。タバコの香りと混同・誤解しないように。
ヘビースモーカーの方は、日頃から特に気をつけてホームケア(歯磨き)を行ってください。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.